21世紀の食料・環境・ふるさとを考える
HOME  >  出版物  >  水土の知を語る
出版物
「水土の知」を語る

本シリーズは、新たな時代の<水土の知>の実現を目指して、広く議論を興すために、主要な課題について順次発刊しているものです。


・Vol.1  農業用水を考える−その1「21世紀は水の世紀」(2002)
・Vol.2  物質循環を考える−その1「有機性廃棄物の農地還元」(2002)
・Vol.3  農業用水を考える−その2「世界的な水議論の場への日本/アジアからの発信」(2003)
・Vol.4  物質循環を考える−その2「農村地域における物質循環の諸知見」(2003)
・Vol.5  都市と農村の共生を考える−その1「都市と農村の共生とは何か」(2003)
・Vol.6  性能設計を考える「農業水利の明日に向けて」(2003)
・Vol.7  性能設計を考える−その2「水利資産を次代に引継ぐ」(2004)
・Vol.8  物質循環を考える−その3「循環型社会の形成は活発で健全な農業生産活動から」(2005)
・Vol.9  農業用水を考える−その3「モンスーンアジアの末端かんがい整備」(2005)
・Vol.10 都市と農村の共生を考える−その2「なぜ今「都市と農村の共生」なのか」(2005)
・Vol.11 性能設計を考える−その3「水利施設の機能評価」(2006)
・Vol.12 海外技術交流を考える−その1「中国の農業水利」(2007)
・Vol.13 海外技術交流を考える−その2「中国の農村整備」(2007)
・Vol.14 国土経営を考える「国土経営と地域資源の保全」(2008)
・Vol.15 国土経営を考える−その2「国土経営と地球温暖化対策」(2009)
・Vol.16 国土経営を考える−その3「新しい水利秩序と農業水利」(2010)
・Vol.17 農地・水・環境保全向上対策の成果と課題(2011)
・Vol.18 海外における農業農村開発への取り組み(2012)
・Vol.19 農業の構造改革に資する農地の整備(2013)
・Vol.20 総合水資源管理と農業用水(2015)